上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 この日は本格的な修行初日ということで、CAや他の修行僧の様子が気になりソワソワ。荷物は邪魔なので、修行の前に宮古空港のコインロッカーに荷物を預けました。

 羽田では3区間までしかC/Iできないと断られたのに、宮古では問題なく全区間発券してもらえました。(宮古だと乗り継ぎにならないため全区間C/Iできるらしい)


MMY-OKA
 クラスJ付きの機材で運行。修行僧らしき人も何人かいましたが、イマイチ判断できず。
次のJTA557まで1時間ほど時間があるため、那覇のサクララウンジに入ってみました。さすがにこじんまりしてますが、人も少なくて快適。でも滑走路が望めないのが残念ですね。

 

JTAはコーラルラウンジという名称なんですね。

 

これだけ人がいないのは朝一だけなんですね・・・

 

少し残念な景色

 

OKA-MMY
 折返し機材。CAが同じだったかは不明。ドリンクサービスがありました。爽健美茶とアップルジュースの2種類。それにしても機内が暑い!

 

MMY-OKA
 宮古の乗り継ぎで修行僧2人確認。そして2回目の隣の席。後ろの人に声もかけずリクライニングしたり、色々残念な感じです。こういう僧が回数派全体の印象を悪くしてるのでしょうね。この便以降はドリンクサービスがなくなり、キャンディのサービスになりました。なぜ?

 

OKA-MMY
 ラウンジで大東寿しを食べながら次の便までまったり。さすがに朝よりも人が増えていました。
沖縄は泡盛が置いてあるのですね。瓶で置いてあるところがさすがです。同じ機材でしたが、スタッフが入れ替わりました。

 

MMY-OKA
 一旦外に出てロッカーから荷物を受け取りました。この便は年配の修行僧と隣り合わせに。この人も無言リクライナー&ガムクチャらーで残念な感じでした。

 

OKA-HND
 777-200のファースト付きの機材変更で、初めてファースト座席に座ることができました。国際線のビジネスと同じ位の感じです。体の大きめな私にとっては、長いフライトでファースト座席は疲れが半減です。ありがたい。

 

隣の人の顔は見えません。透明に見える部分は鏡になっています。

 

リクライニングスイッチ。ほぼ電動です。

 

余裕の足下。前の席は空席でした。


 

  (1) 4月9日 JTA552便
   宮古 8:55発 → 沖縄(那覇) 9:40着
      普通席
    ご利用運賃 先得割引-タイプA/合計 3,100円
     
  (2) 4月9日 JTA557便
   沖縄(那覇) 11:00発 → 宮古 11:50着
      普通席
     ご利用運賃 先得割引-タイプA/合計 3,100円

  (3) 4月9日 JTA558便
   宮古 12:25発 → 沖縄(那覇) 13:15着
      普通席

    ご利用運賃 先得割引-タイプA/合計 3,100円

 

  (4) 4月9日 JTA563便
   沖縄(那覇) 13:55発 → 宮古 14:45着
      普通席

    ご利用運賃 先得割引-タイプA/合計 3,100円

 

  (5) 4月9日 JTA564便
   宮古 15:20発 → 沖縄(那覇) 16:05着
      普通席

    ご利用運賃 特便割引1-タイプA/合計 9,200円

 

  (6) 4月9日 JAL920便
   沖縄(那覇) 16:45発 → 東京(羽田) 19:00着
      クラス J

    ご利用運賃 先得割引-タイプA/合計 19,570円

スポンサーサイト

 OKA-MMYは737-400の鶴丸カラークラスJ付きの機材で運行でした。こちらはクラスJシートが確保できました。でも777より少し狭く感じるのは錯覚でしょうか。また、JTAドリンクサービス廃止したんですね。翌日の便ではありました。

 

  (1) 4月7日 JTA563便
   沖縄(那覇) 13:55発 → 宮古 14:45着
      普通席
    ご利用運賃 先得割引-タイプA/合計 3,100円
     
  (2) 4月7日 JTA568便
   宮古 17:10発 → 沖縄(那覇) 17:55着
      普通席
    ご利用運賃 先得割引-タイプA/合計 3,100円

  (3) 4月7日 JTA573便
   沖縄(那覇) 18:15発 → 宮古 19:05着
      普通席

    ご利用運賃 先得割引-タイプA/合計 3,100円

 

翌日は宮古でダイビングです。水温はまだ22度ということで、海開きが終わったとはいえ、まだ泳ぐのにはちょっと早いですね。

下地島では、ANA機がタッチアンドゴーを繰り返してました。本当はダイビング終わってから行きたかったのですが、元々ノープランだったのでレンタカー(原付も)が借りられず断念。

 

クロスホール

DSCF0713

 

大きなカメがいました

DSCF0677

 

伊良部島につながる橋の近くに整備された浜

 

【下地島見学メモ】
・宮古島から伊良部島までは、船で移動(25年には橋が完成)かーフェリーが2隻と高速フェリーが1隻。
・自転車はカーフェリーのみ片道500円。下地島まで8キロほどあってそれなりにキツイらしい。
・伊良部島のレンタカー屋は1軒のみで、車と原付を借りられる。

事前にタッチアンドゴーは使えないとの情報を聞いていたため、羽田のカウンターへ。
GSに色々聞いて見ましたが、修行僧対応に慣れていないようでよくわからないもよう。
タッチアンドゴーで行けますと言われたが、念のため羽田-那覇-宮古-那覇を発券してもらい、最後の那覇-宮古は控えをいただきました。

(3区画しかC/Iできないと言われてしまいました。後日の宮古では全便発券していただけたのですが)

 

その後、キャンペーンを利用して初めてのサクララウンジへ向かいます。
午前中でしたが、食べ物はなくビールとおつまみで1時間ほどまったり。
人も少なくいいタイミングでのラウンジデビューでした。

 

  (1) 4月7日 JAL909便
   東京(羽田) 10:40発 → 沖縄(那覇) 13:20着
      クラス J

    ご利用運賃 先得割引-タイプA/合計 18,170円

    FLY ONポイント:2,006

 

はじめてのサクララウンジ。入り口の写真を撮ってみました。

 

窓からの眺めは抜群。出発ロビーよりも高い位置にあるので遠くまで見渡せます。

 

コンセントがあったので、iPadを充電しながらスーパードライをグビグビ。

 

9番スポットからの出発です。

 この日は但馬地方が雪のため、但馬→伊丹便がキャンセルとなってしまいました。人生初のフライトキャンセルです。

 但馬に向かった伊丹便は、30分ほど但馬空港上空を旋回して、2,3回着陸をトライしていました。30分フライト、30分待機、30分かけて戻って、そこから2時間掛けて移動する方は本当に大変です・・・。

 

 但馬キャンセル組は、払い戻しと振り替え便の手続き後、全丹バスの振り替え輸送で移動です。 伊丹空港まで所要時間は約2時間半、料金は3,000円です。

 

  (1) 3月13日 JAC2322便 キャンセル
   但馬 10:25発 → 大阪(伊丹) 11:00着
      普通席
     ご利用運賃 特便割引1-タイプC/合計 7,900円
     
  (2) 3月13日 JAL114便 搭乗不可
   大阪(伊丹) 11:30発 → 東京(羽田) 12:40着
      普通席
     ご利用運賃 特便割引1-タイプC/合計 13,170円

 

   3月13日 JAL118便
   大阪(伊丹) 13:30発 → 東京(羽田) 14:35着
      普通席
     ご利用運賃 xxxx

      FLY ONポイント:904

 

この日の写真です。(@宮津)

 

欠航証明書です。生まれて初めていただきました。

 

路線バスですが、ふそうのエアロエース(?)のためそれほど苦痛ではありませんでした。(トイレ付き) 途中で一度休憩もありました。

 間違えて記事を削除してしまいました・・・

 

 この日は月曜朝からの仕事に合わせての前泊でしたが、せっかくなのでさらに一日早めて少し観光を楽しみました。

 

    (1) 3月10日 JAL119便
   東京(羽田) 13:30発 → 大阪(伊丹) 14:40着
      クラス J
    ご利用運賃 特便割引1-タイプC/合計 14,670円
     
  (2) 3月10日 JAC2323便
   大阪(伊丹) 15:25発 → 但馬 16:05着
      普通席
    ご利用運賃 特便割引1-タイプC/合計 7,900円
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。